[[Researches]]
* テスラ計画 [#s6f10b4a]
** テレポーテーション(物体瞬間(?)移動)実現計画 [#k088c4d9]
- What How For Kitakyushu
-- 山之上 卓, 福山大学, yamanoue@fuip.fukuyama-u.ac.jp
-- 山之上 卓, 福山大学, yamanoue@fukuyama-u.ac.jp
-- 筒井保博, 産業医科大学
-- 筒井隆夫, 産業医科大学
- テスラ計画は、現実的にテレポーテーションを実現しようとするプロジェクト です。 このテレポーテーションは、物理的な輸送手段を使わずに、対象物を遠隔地に 送る、一種のFAX です。 このテレポーテーションは、おもちゃやロボットや機械を遠隔地に送ることが できます。

** Key words: [#x931c7bb]
- Transportation, Mechatronics, Intelligent Systems, Celluler Robotics, Symmetrical Connection, Self Recognition, Compilers, Attribute Grammar, 3D modeling, Self-reproduction.

** このテレポーテーションの概要 [#e61d6294]
-送信する対象物は、一種の知能的な部品でできていると仮定します。
この部品は、互いに通信しあい、お互いを認識することができます。
もし、部品がセンサーやアクチュエータを備えていれば、 機能を持った機械を組み立てることもできます。
テレポーテーションの手順
対象物からそれについてのすべての情報を抽出します。
ここで、対象物の情報は、対象物そのものが自分で抽出します。 これは、一種の自己認識であり、この自己認識は、属性文法を 使った一種の構文解析によって行われます。
この自己認識に関して、アドホックネットワークを使ってはどうか? との提案もいただいています。

その情報を遠隔地に送信します。
遠隔地では、その情報と、現地にある部品を使って、元の対象物と、 全く同じものを組み立てます。

** すこし詳細な情報 [#gd0f2dd4]
- A Presentation in Japanese. This ppt is based on the ppt for the DICOMO 2003 future session.
-- http://www.slideshare.net/takashiyamanoue/ss-16159139
- A Presentation in English. This is the ppt for ICITA 2002 presentation.
-- http://www.slideshare.net/takashiyamanoue/realizing-a-practical-teleportation-system
- テレポーテーションの簡単なシミュレータ. (java applet)
** 発表論文 [#g7b85e4e]
- 山之上 卓, 筒井 保博, 筒井 隆夫, "テスラ計画の進捗状況2006 -テレポーテーションは実現できるか?-", 情報処理学会夏のプログラミングシンポジウム 2006, pp.9-15, 別府, 2-4 Sep. Japan, 2006.
- 山之上 卓, "テレポーテーションとコンパイラ", 情報処理学会夏のプログラミングシンポジウム 2004, pp.99-102, 函館, 22-24 Aug. Japan, 2004.
- Takashi Yamanoue. Yasuhiro Tsutsui, Takao Tsutsui, "Realizing a Practical Teleportation System Using the Intelligent Parts,"
Proceedings of the 1st International Conference on Information Technology and Applications (ICITA-2002),221-2, Bathurst, Australia, Nov. 25-29, 2002. 
Abstract, Full paper
- 山之上 卓, 筒井保博, 筒井隆夫, "3次元構造物を遠隔地で再現する試み", 情報処理学会第63回(平成13年後期)全国大会, デモ-18, pp. 4-369 to 4-370(2001.9).
- 山之上卓, 筒井保博, 筒井隆夫, "セル及びその結合状態認識方法", 特許:特開2001-188029(P2001-188029A)(1999.12出願).
-- この特許は 2009 年9月に登録されました。
-- 特許第4373556号
-- この特許は 2009 年8月に査定されました。近いうちに登録される予定です。
現実的なテレポーテーションシステムに関する特許(出願中)です。 スポンサーを探しています。
- Y. Tsutsui, T. Tsutsui, T. Yamanoue, "A Mechanism for Self-Analysis of Physical Structures", Proceedings of the 61th IPSJ conference,5Q-03, Matsuyama, Japan, 2000.
- T. Yamanoue, Y. Tsutsui, T. Tsutsui, "Parsing Physical Structures and its Parts", Proceedings of the 61th IPSJ conference, Matsuyama, Japan, 5Q-03, 2000.
** 関連研究 [#if597905]
- D. E. Knuth, "Semantics of context-free languages", Mathematical Systems Theory, 2, 2, 1968, pp.127-146.
N. Wirth, "Algorisms + Data Structures = Programs", Prentice-Hall, 1976.
- T. Fukuda, H. Hosokai, Y. Kawauchi, and M. Buss, "Dynamically Reconfigurable Robotic System (DRRS) (System Configuration and Implementation as CEBOT)," Proc. of 5th Int'l Symp. of Robotics Research, 1989, pp. 22-28.
- P. H. Winston, B. K. P. Horn,"Lisp", Reading, Mass., Addison-Wesley, 1989.
- C. H. Bennett, G. Brassard, C. Crepeau, R. Jozsa, A. Peres, and W. Wootters, "Teleporting an Unknown Quantum State via Dual Classical and EPR Channels", Phys. Rev. Lett. vol. 70, 1993, pp. 1895-1899.
- M. G. Gorbet, M. Orth and H. Ishii, "Triangles: tangible interface for manipulation and exploration of digital information topography", in Proc. of Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI'98), 1998, pp. 49-56.
- Yoshifumi Kitamura, Yuichi Itoh, Toshihiro Masaki, Fumio Kishino, "ActiveCube: A Bi-directional User Interface using Cubes", KES 2000: Fourth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems & Allied Technologies, University of Brighton, UK, 30 August-1 September 2000, pp. 99-102.
- The 1st 3D fax, done in 1991. https://webspace.utexas.edu/reyesr/self/3D_fax.html
Project to build a 3D fax machine: http://www-graphics.stanford.edu/projects/faxing/
- Martindale's Calculators On-Line Center, Engineering: Electrical & Computer: P-SC
-- This page has the link to our simulator of the teleportation. Thank you, Dr. Martindale.
----
- takashi yamanoue, yamanoue@fuip.fukuyama-u.ac.jp
----
#counter

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS